FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.0121:57

ネクロフィリアと性的多様性と人権について

こんにちは。nexaです。今回はいつもの性的ファンタジーはありません。

ここ最近インターネット上で大きく2つの出来事があり、混乱と狂騒の様相を呈しています。その1つはLGBTをペドフィリア、ズーフィリア、ネクロフィリアといった他の性的少数派と同等に扱うことの可否に関する議論です。もう1つは人々が自分の気に入らない性的表現を嫌がらせや脅迫によってやめさせようとする行為の可否に関する議論です。それに人種差別や性差別など種々の問題が絡んで事態を紛糾させています。これらの問題について少しでも冷静で建設的な議論がなされることを祈り、私のネクロフィリアに関する基本的な考え方を述べておきます。具体的な個々の事例については述べず、概念的に述べようと思います。そのほうが却ってあらゆる個別の問題に適応できると思うのです。

その前に私nexaが何者であるかについて述べておきます。私が管理するTwitterの@necro_lifeのアカウントはもともと(今でも)、poza(@sex_poza)のパロディとして始めたものです。中高生に対して生中出しを推奨するという内容と、それにもかかわらず一見性教育的な内容を述べているかのような口調の落差のおかしみから、一時期、多くのパロディアカウントが生まれました。その1つが@necro_lifeです。未成年の中出しを推奨することをパロディ化するためにそれよりもさらにいっそう問題のある行動は何か考えれば、屍姦に考え至るのは当然でした。いささか露悪的であるという誹りは免れませんが、もとよりパロディなのですから元ネタより穏健でありえようわけがありません。私がかねてから愛好する屍姦ネタをbotに放り込み、また屍姦についての情報を集めているうちに、だんだんと屍姦愛好仲間とのつながりもできてきて、屍姦にまつわる創作物や情報を載せるためにこのブログを始めるに至りました。

さて、始めに最も抽象的な問題として正義について述べておきましょう。法的正義はある一時代において普遍であることを旨とします。法律用語でいう「法の下の平等」です。実際の運用上そうであるかはさておき、理念的にはそうなのです。それに対して倫理的正義は相対的です。各個人の信条は異なるのです。しかしながら、ある時代、ある文化の中では各個人の信条は比較的均質です。かつてキリスト教社会では同性愛は悪であるとする信条が共有されていました。今ではむしろ同性愛者への迫害こそ悪であるという信条が共有されています。厳密に言えば、外れ値的な信条を持つ人はいます。しかし少数派です。かつてのキリスト教社会でも同性愛を擁護する人はいましたし、今でも同性愛を迫害しようとする人もいます。極端な外れ値を持つ信条を持つ人はいても、全体としてあるまとまった偏りを成します。すなわち、その時代の思潮というものが存在するのです。法的正義と倫理的正義とが類似し、しばしば混同されさえするのはこのゆえです。各個人の信条が異なる以上、「自分の気に入らないこと」と、法的あるいは思潮としての不正義を先験的に同一視することは不可能です。

かつて同性愛は倫理的に悪であるとされ、今ではそうではないとされます。いずれ屍姦もそうなるかもしれません。スウェーデンでは屍姦を合法化すべきという政治活動が実際にあるのです。しかし、同性愛の解放を、「人類が普遍的真理に気付いたのだ」と素朴に信じるべきではありません。時代・社会・文化を超越した普遍的正義はありません。といっても、それゆえに現代の思潮を蔑ろにしてよいという意味ではありません。むしろ逆です。人類が社会の終わりのない向上を目指す終わりのない努力の、現代という一時代における最も尊ぶべき結実の1つが同性愛の尊重なのです。

次に、もう少し具象的な問題として、屍姦とその他のセクシュアリティの政治的関係について述べたいと思います。@necro_lifeの内容や、このブログの内容について、その内容が死んでいる女性と生きている男性という組み合わせが主であることから、「LGBTを蔑ろにしている」さらには「ミソジニー的である」という誤解が時に生じるようです。しかし、死んでいる女性と生きている男性という組み合わせを好むのは私個人の性的好みに過ぎないのです。私nexaをネクロフィリアの代表、旗手であるように扱っていただけるのは身に余る光栄ではあるのですが、実際に身に余るので困るのです。私はネクロフィリアの代表ではありません。無限の可能性を持つ屍姦という大海の一滴に過ぎないのです。

屍姦の前には性的指向や性自認、さらには性別や人種の差別は無意味です。性的嗜好の極北とされる屍姦のどこに、同性愛や両性愛を拒絶する理由があるでしょうか。屍姦が極北であれば、ペドフィリア、ズーフィリアでさえまだ「南」なのです。屍姦は常に全ての人に開かれています。屍姦がシスジェンダー異性愛男性の独占物であるという主張を私はしないどころか、積極的に反対します。私の愛読書であるフランスの小説Le Nécrophileの著者である偉大な文学者Gabrielle Wittkopは同性愛者の女性でしたし、その主人公Lucienは死体性愛両性愛者の男性です。屍姦文化に浴するならば、同性愛・両性愛というものがそこにどれだけ芳醇さを注いだかを常に思わないではいられないのは至当です。

先に北、南の比喩を用いましたが、これは本当は望ましい比喩ではないかもしれません。なぜならば、全ての性的なありようは順位づけをせず等しく尊重されるべきものであるからです。もちろん、法的・倫理的正義の中で、許されようがない性的行為というものは存在します。幼児との性交はその一例です。死体との性交は、少なくとも日本の現行法においては合法であるという判例(昭和23年(れ)584号)がありますが、多くの人の信条はこれを認めないでしょう。性的快楽を得るための殺人はその最たるものです。しかし、人間の想像力の中に留まるときは、あらゆる性的幻想は等しく尊いということを私は主張したいと思います。創作物や空想の中で幼児と性交をし、人を殺してその死体と性交をする・・・といったことは決して悪いことではなく、むしろ多くの異性愛者や同性愛者が恋愛をすることや無性愛者が恋愛をしないことと等しく尊く、尊重されるべきものであると考えます。

しかし、このような考え方は多くの人に共有されているわけではないようです。LGBTをネクロフィリアを含む他の性的少数派と同等に扱うことでLGBTを誹謗できると考えた人も、これに対してその同一視は不当であると主張する人も、やはりLGBTとペドフィリア、ズーフィリア、ネクロフィリアのような存在との間には階級差があると見なしているのでしょう。しかしそれはPZNという三等市民の上にLGBTという二等市民があり、その上にシスジェンダー異性愛という一等市民があるという素朴ではある世界観に繋がっています。全ての性的ありようは虹のスペクトラムのように切れ目なく繋がっているものであり、我々は性的ありようによらずお互いを平等な一人の人間として尊重しなければなりません。

しかしこれはやはり理想論であり、現実には、ヘゲモニーを手にしている者はこれによって他者より有利であろうとするものです。そしてそれは必ずしも責められたものではありません。かつては異性愛がヘゲモニーを有して唯一の正当な性のありかたとして君臨していました。今や同性愛や両性愛やトランスジェンダーはその仲間入りをするに至りました。しかし彼らは旧市民にとってはいまだに白い目で見るべき成り上がりの新市民なのでしょう。彼らは常に不当な攻撃に晒されかねない苦境にあるのです。それでも、彼らが我々を受け入れられなくても、私は彼らが我々を受け入れられないことを受け入れられるようでありたいと思います。全ての人が自分の信条を他人に無理に押し付けず、少しずつ譲り合い許し合えますように。
2016.09.2401:08

隣のお姉ちゃん

 博樹が物心ついたときから、里栄子はずっと隣に住んでいた。里栄子は博樹より十歳年上で、博樹は里栄子をずっと「お姉ちゃん」と呼んでいた。二人はよく互いの家に遊びに行っていた。
 ある日博樹が里栄子の家に遊びに行ったとき、博樹は里栄子の膝の上に座り、
「お姉ちゃん、僕と結婚してよ」
と言った。里栄子は後ろから博樹を抱きしめて、
「ひろくんが大人になったらね」
と答えた。

***

 その夜、博樹の夢の中に里栄子が現れた。
「ひろくん、大人になったね。だからお嫁さんになってあげるよ」
「えっ?」
「ほら、見てみて。おちんちんがもう大人になってるよ」
 博樹が自分のペニスを見ると、そこには見覚えのない大きなペニスが屹立していた。
「ほら、赤ちゃんの作り方、学校で習ったでしょ?」
 里栄子は大きく股を開く。里栄子の股に博樹はペニスを差し込む。
「あああっ!」
 自分の声で博樹は目を覚ました。パンツにはべっとりと濃い精液がついていた。精通だった。

***

 精通したのだから自分は里栄子とセックスをするのだ。里栄子は結婚してくれるといったのだから。
 その日、そんなことを思いながら、 博樹は里栄子の家へ向かった。「お邪魔します」と言って家に入るが、返事はない。すると、里栄子の部屋の中から何やら声がする。なんだろう――そう思って博樹は部屋を覗く。
 近所に住んでいる里栄子と同い年の顕士――しばしば里栄子と馴れ馴れしくしていたので、博樹は顕士のことを忌々しく思っていた――が、里栄子の上で腰を振っていた。
 ああ、里栄子の約束は、子供だと思っていい加減になされたものだったのだ。

***

 博樹はキッチンに行って包丁を持ち、里栄子の部屋に飛び込むと、いきなり顕士の背中の肋骨の隙間から包丁を突き入れた。
「うえっ?」
 顕士は突然のことに一瞬間抜けな声を出して、傷口から大量の血を流して、動かなくなった。
「ひっ!?い、いやあっ!」
 里栄子が声を上げる。声を止めなければならないと思って、博樹は里栄子の咽喉を包丁で突き刺す。里栄子は痙攣を起こし、動かなくなった。博樹は里栄子の死体から顕士の死体を引きはがす。ずるりと膣からペニスがコンドームごと抜ける。
「ああ、よかった、お姉ちゃんのあそこ、こんな奴の汚い精子で汚される前で。お姉ちゃんのあそこに最初に注がれる精子は僕のじゃなきゃいけないんだ!」
 そう言って博樹は勃起した、しかししっかりと皮に包まれた小さなペニスを里栄子の膣に突き入れた。
「ああっ!お姉ちゃん!おねえちゃんのあそこ、すごく気持ちいいよ!」
 博樹は夢中で腰を振り、里栄子の死体の膣に精子を注ぎ込んだ。

(終わり)
2016.09.1220:15

『月刊コミックフラッパー』2016年10月号におねショタ屍姦!

みなさまごきげんよう、おねショタに目覚めたnexaです。おねショタっていいものですね。

なぜ唐突におねショタの話を始めたかと言いますと、『月刊コミックフラッパー』の2016年10月号を購入しまして、「SMOKE&WATER~マルキ・ド・サドの孫娘~」を読みました。

それにこんなかわいらしいショタっ子のデファンくんが屍姦するシーンが出てくるのです。

EXXNFSOx.jpg

描写が過激すぎて単行本に収録されないかもしれないという噂を聞き、書店へ走りました。おねショタ屍姦は実に素晴らしいですね。ぜひ読んでみてください。さあ、あなたも書店へ走るのです!

それにしても一般漫画誌に屍姦シーンが出てくるのは嬉しいですね。『月刊コミックフラッパー』を買い、「屍姦シーンがよかったです」と葉書に書いてファン投票をし、屍姦ブームの到来を祈りましょう。
2016.09.0823:11

【投稿】中学二年男子が11歳の女の子を屍姦する話

こんにちは。nexaです。1年以上も更新が滞ってしまい、ご心配をおかけしました。また時々更新してゆきたいと思います。

1年以上前にいただいていた小説でしたが、公開が遅くなりましてすみません。


真夏のジメジメした夜…

中学二年男子の自室。
『おまんこ…初めて生で見るおまんこ…』

少年のベッドに目を見開き、仰向けで横たわる11歳の女の子……の死体。

女の子の死体はソックスを身につけているのみ。あとは全裸だ。
陰部つまりマンコは勿論、少年によって露わになっている。
ツルツルの毛無しマンコ。陰裂が一筋…
ふっくら盛り上がっている恥丘と大陰唇。


女の子の死因は首を絞められたことによる窒息死。
30分前〜『ガサガサッ…』僕はムラムラしていた。
チョットだけイタズラするつもりだった…そして塾帰りの女の子を見つけた。
でも抵抗されたから驚いて首を押さえつけていたら動かなくなっちゃった。

最初は逃げようとした。
でも、めくれたスカートから見えるパンティ、スベスベしてそうな脚…
…気付くと僕のチンチンは勃起してた。

『…うちでセックスしよう』
僕は死体を持ち帰った。

そしてベッドに横たえ、パンティとソックスを残し、裸にした。

…『生きていたら恥ずかしがるんだろうなぁ』
僕は女の子の裸死体をじっくりと観察する。

パンティの上からマンコを触る。
プニプニしている。

そして目をつむり、パンティを脱がす…

目を開けた。


……そして『おまんこ…初めて生で見るおまんこ…』

今まで画像でしか見た事のないマンコが目の前にある。
形も筋が一筋入っているだけだ。
触るとプニプニして柔らかい…

死体の脚を拡げ、マンコをじっくりと弄ぶ。
陰唇を開くとピンク色の”中”が現れた。
『これがクリトリス……オシッコの穴……膣……』
触る…弄る…舐める…においを嗅ぐ……

…もう僕のチンチンは我慢できない。

女の子の死体をベッドの縁に寄せ、マンコが突き出るようにする。

勃起したチンチンを手に持ち、マンコに擦り付ける…
『アッ』

マンコに擦り付けただけで射精してしまった。

でもチンチンはまだ勃起している。

チンチンを割れ目に押し付け、割れ目を指で開く。腰を押し付ける…
”ヌチャ”膣に挿さる。

グイグイと腰を振ると奥に挿さる…
気持ちいい…。

”ドピュ”射精する。
でも構わずに腰を振る…

『ハァハァ…小学生の死体とセックスしてる…ハァハァ…気持ちいいよ…』

……この一夜に僕は16回も射精した。8回は膣の中。4回はアナル。2回は口の中。1回はチンチンを掴ませた手と太ももに…

2014.12.2821:12

我孫子武丸『殺戮にいたる病』

こんばんは。我孫子武丸『殺戮にいたる病』を読んだnexaです。この本を教えていただいたのはずいぶん前なのですが、この前ふと思い出して近所の古書店で探してみたのです。




数日かけてちまちまと読んでいこうかと思ったのですが、とても面白くて、また文章も巧くて、一日で読み切ってしまいました。

なにをさておいても屍姦描写がステキです!主人公が蒲生稔という猟奇殺人犯で、美しい女性たちを殺しては死体を犯します。美女の死体じゅるり。女性の性器をくりぬいて持って帰ってその性器とセックスするあたりは「あ~、それ気持ちいいよね~」と思いました。

さて、しかしながらわたくしnexa、この小説を読んで不満に思うことが一つあります。それは作品の落ち度ではなく、この作品を私より先に読んだ大人げない読者たちの落ち度なのです。わたくしこの件でむしゃくしゃしておりますので、以下、彼らと同じ大人げない行為をしようと思います。大人げない行為、すなわち、ネタバレでございます。文字を小さくして色を反転しておきますので、ぜひこの小説をお読みになってからお読みください。そのせいで小説の面白さが半減しても知りません。

↓ここからネタバレ



よろしいですね。

本当にここから先をお読みになるのですね。

それではお話ししましょう。

この小説は、「叙述トリック」と言われるタイプの小説です。つまり、文章上の仕掛けによって読者にわざと誤読をさせ、最後に種明かしをしてびっくりさせるというタイプの小説です。

ところがわたくし、全10章のうちの第2章の半ば、大体の主要登場人物が出尽くして設定が明らかになってきた時点で、もう完全にオチが読めてしまったのです。

「叙述トリックがあるとわかっていたのに、見事に騙されました。」じゃありませんよ!それはあなたが鈍いだけで、他の読者があなたと同じくらい鈍いとは限らないでしょうが!「叙述トリック」と言われてそのつもりで読んだら冒頭でわかっちゃう人も結構いるんですよ!なんで言うんですか!!

もっとも、最初にこの小説を教えていただいてすぐに書店に向かわずぼんやり日々を過ごして情報に触れてしまった私が一番悪いのかもしれません。

また、オチが読めてしまっても屍姦描写はすごくよかったです。屍姦描写だけを楽しみに読み進めました。興奮しました。それだけで私は大満足です。


↑ここまでネタバレ

というわけで、本日はちょっぴり悲しみのnexaでございました。みなさま、この小説にちょっとでも興味を引かれたら、以上のネタバレを反転して読みもせず、ネットの情報を検索もせず、Amazonにアクセスしてそのレビューを見たりもせず、近所の書店に足を運んで買って読んでみてください。たぶん、そのほうがこの小説を楽しめると思います。

それでは。
プロフィール

necrolife

Author:necrolife
@necro_lifeの中の人が死体愛を語るブログです。

ツイッターではファンタジーなフィクションで死体愛を語っていますが、ブログでは中の人のちょっぴりリアルな素顔も見せちゃいます。幻想を壊されたくない方はご注意を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。