FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.02.0221:27

【創作】ウソコク

小説です。

***

 少し汗ばむような春の陽射しが、放課後の体育館裏に射している。
「好きです!付きあってください!」
 休み時間や放課後にいつも馬鹿みたいに騒いでいるギャルの一団。その一人である雪菜に僕は呼び出された。
 消え残っていた雪が春の陽射しに当てられて、体育館の樋から、木々の陰から、流れている。
 ふと少し離れた校舎を見ると、窓から雪菜といつもつるんでいるギャルの一団が窓からこちらをにやにやとしながら覗いている。罰ゲームとして僕に告白してきたのだ。こういうやつらなんだ。
「いいよ。付きあおう。」
 僕は答えた。
「あ、ありがとう」
 雪菜は笑いを我慢しているのか、少し表情を引きつらせて答えた。
「じゃあそのへん散歩しようか」
「えっ」
「だって恋人なんでしょ?」
「う、うん・・・」
 雪菜は困ったような顔をしながら僕についてきた。

 僕たち二人は人気のない山道に入っていった。
「いやあ、空気がおいしいねえ」
「ねえ、どこに行くの?」
「どこって、ただの散歩だよ。ねえ、雪菜、僕たち恋人なんだし、今からセックスしようよ」
 雪菜はぎょっとして
「そ、それは早いんじゃないかな・・・」
と逃げようとする。
「待ってよ」
 僕は左手で雪菜の手首を掴み、右手で後ろ手に隠し持っていたカッターを雪菜の頸動脈に向けて振り下ろした。
「えっ?」
 雪菜は何が起きたのか分かっていない声を上げて、そのままの表情でその場に仰向けで倒れて、しばらくビクンビクンと痙攣しながらおしっこを垂れ流して、そのまま動かなくなった。辺り一面が雪菜の血で真っ赤な海になった。まるでウケを狙ったようなあまりに間抜けな死に方だったので、面白くなって思わず吹き出してしまった。
「あはは。面白い死に方をするんだね。子供みたいにおもらしして。さあ、セックスをしよう」
 僕は前から、女の子の死体とセックスをしたいと思っていた。生きている女の子は好きじゃない。動くから気持ち悪いし、嘘の告白をしてきたりして性格も悪い。そんな生きている女とセックスをするなんて、想像しただけで吐きそうだ。でも雪菜はもう死んでいる。目を見開いて虚空を見つめている。いや、その目にはもう何も映っていないのだ。
「雪菜・・・。可愛いよ・・・。すごい可愛い・・・。生きてる間は全然可愛くなくて性格も悪くて気持ち悪かったけど、死ぬとこんなに可愛くなるんだね・・・!僕、雪菜のこと大好きになっちゃったよ」
 そう言って僕は雪菜にのしかかり、キスをした。雪菜の舌、歯、歯茎・・・雪菜の口の中を舌でいっぱい味わった。雪菜の唾液を味わい、吸い、飲んだ。ちょっと生きていたころの雪菜を思い出して気持ち悪くなった。生きている雪菜とキスをするところを想像してしまったのだ。でも、もう雪菜は死んでいるんだ、と思い直すと気持ち悪さもなくなって、興奮した。
 僕はズボンとパンツを脱いだ。おちんちんはギンギンに勃起している。僕は雪菜の口におちんちんを入れて、口を犯した。楽しくて気持ちいい。もし雪菜が生きていたら、僕のおちんちんを嚙んでくるだろう。でも雪菜は死んでいるからそんな心配はない。口の中におちんちんをねじ込んで動いても、ただ気持ちいいだけだ。
 僕は雪菜の服をカッターで破り、ブラジャーを切る。雪菜の膨らみかけの小さなおっぱいがあらわになる。僕は夢中でそのおっぱいを揉み、しゃぶりつく。少し汗のしょっぱい味がする。
 次に僕は雪菜のスカートとパンツを下ろした。雪菜のおまんこが丸見えになる。僕は女の子のおまんこを初めて見た。こんな形をしていたんだ。保健体育の教科書のよくわからない絵とはだいぶ違う。僕はおまんこを触る。さっき雪菜が漏らしたおしっこのにおいがした。僕はおまんこを舐めた。おしっこの味がする。おまんこを舐めながらいじるのがすごく楽しい。きっと生きている女のおまんこは醜くうねうねと蠢いて、舐めたりなんかしたらあまりの気持ち悪さに吐いてしまうだろう。しかし雪菜のおまんこは動かない。舐めても触っても反応はない。だから全く気にせずいじくりまわすことができる。
 僕はそろそろ我慢の限界になってきた。雪菜のおまんこにおちんちんを入れたい。僕は雪菜のおまんこにおちんちんを宛がうと、一気に突っ込んだ。
 ズブズブズブッ!
 雪菜のおまんこは僕のおちんちんを根元まで飲み込んだ。まだ奥に余裕があるようだ。もっとおちんちんが大きかったら雪菜のおまんこの奥まで楽しめたんだろうか。僕は腰を振り、雪菜のおまんこの膣の壁に僕のおちんちんを激しくこすりつける。すごく気持ちいい。今までも女の子の死体とセックスするところを想像しながらおちんちんをいじってきたが、実際にやるのは段違いだ。きっと生きている女のおまんこは不気味に蠢いて、挿入しようとしてもおちんちんがしぼんでしまうだろう。僕はちょっとだけ生きていたころの雪菜のおまんこを想像してしまった。生きている雪菜のおまんこはすごく気持ち悪くて、想像した途端、僕のおちんちんはしぼんでしまい、ずるりとおまんこから抜けてしまった。
 急におちんちんがしぼんでしまったので、僕は慌てた。EDというやつになってしまったのかもしれない。大丈夫、雪菜は死んでいる。雪菜は死んでいる。雪菜は死体なんだ。雪菜は生きていない。だから気持ち悪くない。死んでいる雪菜のおまんこがそこにあるんだ。死体のおまんこは気持ちいい。僕はそう自分に言い聞かせ、雪菜のおまんことおっぱいと顔を見る。雪菜はだらしなく口を開き、目を見開いている。その表情は明らかに死体のものだ。僕は雪菜のおっぱいを揉んだ。雪菜のおっぱいはもう冷たくなり始めていた。その冷たさが僕を安心させ、興奮させた。僕のおちんちんは再びギンギンになり、僕はほっとした。
 再び雪菜のおまんこにおちんちんをねじ込む。おまんこも冷たくなり始めていた。気持ちいい。僕は生きていたころの雪菜を思い出さないように注意しながら、夢中で腰を振った。
「雪菜・・・好きだ!好きだ!死んでいる雪菜が好きだ!可愛い雪菜!気持ちいい雪菜!死んでるから可愛い雪菜!死んでるから気持ちいい雪菜!生きてない雪菜可愛い!!好き!!!」
 下半身全体がムズムズとしてきた。そして次の瞬間、僕の全身が痙攣した。
「あっ・・・うっ・・ううーっ!」
 ドピュッ!ドクン!ドクン!ドクン!
 射精している間、僕は思わず大声で唸ってしまった。今までに感じたことのない快楽が僕の全身に襲いかかる。僕は雪菜のもう永遠に妊娠することのない死体の冷たい子宮に、熱い精液を大量に注ぎ込んだ。
「ふーっ、ふーっ、ふーっ・・・」
 何分くらいだろうか。僕は雪菜の上でしばらく呆然としていた。気持ちよくて、このまま眠ってしまいそうだ。雪菜の死体は僕を優しく受け止めてくれている。たぶん生きている女の子の上にのしかかってこんなふうにのんびりとリラックスしたら、女の子は重くて苦しがるだろう。死体だから布団のように全体重をかけてゆったりとできるのだ。このままずっとこうしていたい。しかしこのままこうしてはいられない。雪菜はカッターナイフで首を切られて血まみれで死んでいる。そのカッターナイフには僕の指紋がべったりついている。雪菜の死体は全裸で、子宮には僕の精液がたくさん入っている。僕も血まみれだ。その上雪菜の上で僕が寝ているところを誰かに見つかったら言い逃れはできない。
 僕は雪菜の死体を引きずって手ごろな崖から突き落とした。このへんには野生動物が多いから、雪菜の死体を食べて多少は証拠を減らしてくれるだろう。今日は夕方から雨の予報だ。この辺はほとんど誰も通らないし、血もある程度は流れてしまう。通ったとしても猟師がイノシシか何かを仕留めた血だと思って気にも留めないだろう。後はカッターを適当なところに捨てて、僕の服をコインランドリーで洗濯すれば終わりだ。幸い黒い学ランなので、洗ってしまえばシミは目立たないはずだ。
 うん、なかなかの手際だ。僕はもしかしたら将来、大物のシリアルキラーになれるかもしれないぞ。雪菜の死体の気持ちいい感触の余韻に浸りながら、山を下りた。

(完)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

necrolife

Author:necrolife
@necro_lifeの中の人が死体愛を語るブログです。

ツイッターではファンタジーなフィクションで死体愛を語っていますが、ブログでは中の人のちょっぴりリアルな素顔も見せちゃいます。幻想を壊されたくない方はご注意を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。