FC2ブログ
2013.08.0117:47

【創作】死刑職人の話

古今東西死刑ある限りいずれの国にも死刑を生業とする者あり。日本の山田家、フランスのサンソン家のごとくこれを世襲とするもあり。人の死を司る役職であるにより穢れ多き役目とて差別の対象ともなるゆえに、世襲によって当人の意志によっては逃れられぬようにせねばならぬ。山田家は死体を有効に活用して、かつは試し切りとして武士に貸し、かつは漢方薬として医師に売り、かつは小指を遊女に売ってその家大大名のように栄えたりと雖も、サンソン家はかくのごとき商売の種を知らざりしゆえに副業をして日々の物種を得たりと伝わる。

しかるに某国の某地方において伝わる話によれば、古くこの地方の死刑職人は差別の対象ともなりかつ儲かりもせぬ上に自薦制である。すなわち自ら名乗り出たる者がこの死刑職人の役目に就く。この死刑職人は嫁の来手もなく妻帯すらもできず、収入も一人の頭を切り落として政府から金貨何枚を貰い死罪人を出した村の長から銀貨何枚を貰うと云う程度の物である。かかる制度を持つ場合には普通名目上は自薦なれどその実世襲であるとか、或いは名誉ある仕事と騙って精神薄弱の者に押し付けるとか云う事をする物であるけれども、この地方にはかかる事なしと云う。

さればかくの如き職に自薦する者があろうか。実は大なる旨味あるがゆえに死刑職人に自薦する者は少なからず、今まで一時たりと職人を欠いて死刑執行に支障を来たしたる試しなしと云う。大なる旨味とは、死刑は斬首により行われ、その後はその死体の処分の一切は職人に任される。その死体を何に使うも誰に売るも職人の勝手にして、医師に売るもよく工芸師に売るもよいのである。

しかして死体の処分を許される事による何よりの旨味は死体を売る儲けに非ざるのである。この地方にては女の姦通は死刑である。姦通を成すような器量の良い娘の死罪人が定期的に回って来るのである。首を斬って後はその死体をいかように弄ぶとも可であるから、存分に屍姦を楽しめるのである。妻帯できぬ身と雖も、元より志願するは生きたる女よりは死したる女を好む者共なれば、一向に苦ともせぬ。寧ろ日々老いゆく生きたる一人の妻よりは、日々新鮮なる若き女の死体と楽しみを享ける事を得るとすれば、却って羨望すべき身分である。

(昭和初期の報告による)




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

necrolife

Author:necrolife
@necro_lifeの中の人が死体愛を語るブログです。

ツイッターではファンタジーなフィクションで死体愛を語っていますが、ブログでは中の人のちょっぴりリアルな素顔も見せちゃいます。幻想を壊されたくない方はご注意を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR