FC2ブログ
2016.09.2401:08

隣のお姉ちゃん

 博樹が物心ついたときから、里栄子はずっと隣に住んでいた。里栄子は博樹より十歳年上で、博樹は里栄子をずっと「お姉ちゃん」と呼んでいた。二人はよく互いの家に遊びに行っていた。
 ある日博樹が里栄子の家に遊びに行ったとき、博樹は里栄子の膝の上に座り、
「お姉ちゃん、僕と結婚してよ」
と言った。里栄子は後ろから博樹を抱きしめて、
「ひろくんが大人になったらね」
と答えた。

***

 その夜、博樹の夢の中に里栄子が現れた。
「ひろくん、大人になったね。だからお嫁さんになってあげるよ」
「えっ?」
「ほら、見てみて。おちんちんがもう大人になってるよ」
 博樹が自分のペニスを見ると、そこには見覚えのない大きなペニスが屹立していた。
「ほら、赤ちゃんの作り方、学校で習ったでしょ?」
 里栄子は大きく股を開く。里栄子の股に博樹はペニスを差し込む。
「あああっ!」
 自分の声で博樹は目を覚ました。パンツにはべっとりと濃い精液がついていた。精通だった。

***

 精通したのだから自分は里栄子とセックスをするのだ。里栄子は結婚してくれるといったのだから。
 その日、そんなことを思いながら、 博樹は里栄子の家へ向かった。「お邪魔します」と言って家に入るが、返事はない。すると、里栄子の部屋の中から何やら声がする。なんだろう――そう思って博樹は部屋を覗く。
 近所に住んでいる里栄子と同い年の顕士――しばしば里栄子と馴れ馴れしくしていたので、博樹は顕士のことを忌々しく思っていた――が、里栄子の上で腰を振っていた。
 ああ、里栄子の約束は、子供だと思っていい加減になされたものだったのだ。

***

 博樹はキッチンに行って包丁を持ち、里栄子の部屋に飛び込むと、いきなり顕士の背中の肋骨の隙間から包丁を突き入れた。
「うえっ?」
 顕士は突然のことに一瞬間抜けな声を出して、傷口から大量の血を流して、動かなくなった。
「ひっ!?い、いやあっ!」
 里栄子が声を上げる。声を止めなければならないと思って、博樹は里栄子の咽喉を包丁で突き刺す。里栄子は痙攣を起こし、動かなくなった。博樹は里栄子の死体から顕士の死体を引きはがす。ずるりと膣からペニスがコンドームごと抜ける。
「ああ、よかった、お姉ちゃんのあそこ、こんな奴の汚い精子で汚される前で。お姉ちゃんのあそこに最初に注がれる精子は僕のじゃなきゃいけないんだ!」
 そう言って博樹は勃起した、しかししっかりと皮に包まれた小さなペニスを里栄子の膣に突き入れた。
「ああっ!お姉ちゃん!おねえちゃんのあそこ、すごく気持ちいいよ!」
 博樹は夢中で腰を振り、里栄子の死体の膣に精子を注ぎ込んだ。

(終わり)
スポンサーサイト
[PR]

2016.09.1220:15

『月刊コミックフラッパー』2016年10月号におねショタ屍姦!

みなさまごきげんよう、おねショタに目覚めたnexaです。おねショタっていいものですね。

なぜ唐突におねショタの話を始めたかと言いますと、『月刊コミックフラッパー』の2016年10月号を購入しまして、「SMOKE&WATER~マルキ・ド・サドの孫娘~」を読みました。

それにこんなかわいらしいショタっ子のデファンくんが屍姦するシーンが出てくるのです。

EXXNFSOx.jpg

描写が過激すぎて単行本に収録されないかもしれないという噂を聞き、書店へ走りました。おねショタ屍姦は実に素晴らしいですね。ぜひ読んでみてください。さあ、あなたも書店へ走るのです!

それにしても一般漫画誌に屍姦シーンが出てくるのは嬉しいですね。『月刊コミックフラッパー』を買い、「屍姦シーンがよかったです」と葉書に書いてファン投票をし、屍姦ブームの到来を祈りましょう。
2016.09.0823:11

【投稿】中学二年男子が11歳の女の子を屍姦する話

こんにちは。nexaです。1年以上も更新が滞ってしまい、ご心配をおかけしました。また時々更新してゆきたいと思います。

1年以上前にいただいていた小説でしたが、公開が遅くなりましてすみません。


真夏のジメジメした夜…

中学二年男子の自室。
『おまんこ…初めて生で見るおまんこ…』

少年のベッドに目を見開き、仰向けで横たわる11歳の女の子……の死体。

女の子の死体はソックスを身につけているのみ。あとは全裸だ。
陰部つまりマンコは勿論、少年によって露わになっている。
ツルツルの毛無しマンコ。陰裂が一筋…
ふっくら盛り上がっている恥丘と大陰唇。


女の子の死因は首を絞められたことによる窒息死。
30分前〜『ガサガサッ…』僕はムラムラしていた。
チョットだけイタズラするつもりだった…そして塾帰りの女の子を見つけた。
でも抵抗されたから驚いて首を押さえつけていたら動かなくなっちゃった。

最初は逃げようとした。
でも、めくれたスカートから見えるパンティ、スベスベしてそうな脚…
…気付くと僕のチンチンは勃起してた。

『…うちでセックスしよう』
僕は死体を持ち帰った。

そしてベッドに横たえ、パンティとソックスを残し、裸にした。

…『生きていたら恥ずかしがるんだろうなぁ』
僕は女の子の裸死体をじっくりと観察する。

パンティの上からマンコを触る。
プニプニしている。

そして目をつむり、パンティを脱がす…

目を開けた。


……そして『おまんこ…初めて生で見るおまんこ…』

今まで画像でしか見た事のないマンコが目の前にある。
形も筋が一筋入っているだけだ。
触るとプニプニして柔らかい…

死体の脚を拡げ、マンコをじっくりと弄ぶ。
陰唇を開くとピンク色の”中”が現れた。
『これがクリトリス……オシッコの穴……膣……』
触る…弄る…舐める…においを嗅ぐ……

…もう僕のチンチンは我慢できない。

女の子の死体をベッドの縁に寄せ、マンコが突き出るようにする。

勃起したチンチンを手に持ち、マンコに擦り付ける…
『アッ』

マンコに擦り付けただけで射精してしまった。

でもチンチンはまだ勃起している。

チンチンを割れ目に押し付け、割れ目を指で開く。腰を押し付ける…
”ヌチャ”膣に挿さる。

グイグイと腰を振ると奥に挿さる…
気持ちいい…。

”ドピュ”射精する。
でも構わずに腰を振る…

『ハァハァ…小学生の死体とセックスしてる…ハァハァ…気持ちいいよ…』

……この一夜に僕は16回も射精した。8回は膣の中。4回はアナル。2回は口の中。1回はチンチンを掴ませた手と太ももに…

プロフィール

necrolife

Author:necrolife
@necro_lifeの中の人が死体愛を語るブログです。

ツイッターではファンタジーなフィクションで死体愛を語っていますが、ブログでは中の人のちょっぴりリアルな素顔も見せちゃいます。幻想を壊されたくない方はご注意を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR