FC2ブログ
2014.06.3004:00

大石圭『死人を恋う』

こんにちは。女の子の死体大好きnexaです。

大石圭『死人(しびと)を恋う』を読みました。読んでいて優しい気持ちになれる、ちょっぴり悲しい、甘酸っぱい、そして官能的な、死体との恋愛小説です。


――主人公「僕」は16歳のころに父親を亡くしてから10年間、自室に引きこもっていました。
そして母親を亡くしたのを切っ掛けに、自殺を決意します。
ところが「僕」が山奥で練炭自殺しようとしていたところ、6人組の男女が偶然にもミニバンをすぐ近くに止め、練炭自殺をします。
どうせ自殺するのだ、その前に一度、「経験」をしたい――「僕」はその中に美しい少女を見つけ、少女の遺体を持って帰ります。
美しい少女の死体を抱き、「僕」は生まれて初めて幸せを感じます。
自分は人間ではない――、社会の中で生きていくことは出来ない「ヤマネコ」だ――
――そんなふうに思い、精彩を失っていた「僕」の世界は鮮やかに色を取り戻します。
景色を美しく感じ、食べ物を美味しいと感じる――そんな人間的な感情を、「僕」は死体との触れ合いから取り戻してゆきます。
しかし少女の死体もやがて腐敗し、悲しい別れが訪れます。
そして「僕」は新しい女性の死体を求めはじめます――。


主人公やヒロインたちの心理描写が細やかで、共感せずにはいられません。表紙に「長編ホラー小説」とあるのは「長編ロマンス小説」の誤植か何かとしか思えません。本当に。

自殺サイトで知り合った26歳の主婦を殺し、彼女の死体を車椅子に乗せて爽やかな早春の街をデートをする場面は、はらはらしつつもとてもすがすがしい気持ちになりました。

史実からの引用に孫引きのために事実と反した記述があったり、ネクロフィリアの原因を母の寝姿への愛情に求める精神分析を意識したらしく「僕」の母の寝姿への回想が強引に差し挟まれていたり、言葉の誤用があったりするのは若干気になるにせよ、全体的に流麗で読みやすい文体で構成されており、物語の構成も淡々としつつも読む者を飽きさせません。

著者の大石氏は、昔、同級生の女の子の葬式で無数の花に囲まれた死体を見て、「なんて綺麗なんだろう」と思ったそうです。「あの日、僕を縛り付けた死人の魔力が、読者のみなさまに少しでもリアルに伝われば……と願っている」と、彼は言います。きっとどなたも、一読すれば美しい女性の死体の虜になるでしょう。おすすめです。
スポンサーサイト
[PR]

2014.06.2821:44

死体の長期保存について

こんにちは。前々回乱歩の『蟲』前回ヘロドトスの『歴史』を読んで、死体の長期保存ということについて思いを巡らせているnexaです。

美女の死体を保存して屍姦していたカール・フォン・コーゼルの話(屍姦の歴史(中)20世紀編参照)もあります。




人間の体の腐敗は腹部から始まります。細菌が腹部の内臓で大量に繁殖し、やがて体中に移るのです。短期的には、死んですぐ腹部を割いて内臓を出して業務用の冷蔵庫に置いておけば数日間は腐敗を防ぐことができるはずです。内臓は古代エジプトではカノプス壷に入れてミイラとは別に保存したようです。

しかし長期的な保存は難しいですね。現代ならば炭酸ナトリウムは容易に手に入るので古代エジプト式のミイラを作ることはそれほど困難ではないでしょう。しかし死んですぐの美しい姿を必ずしも保てるわけではありません。ミイラというのは水分を減らして腐敗を防ぐ技法なので、瑞々しさは失われてしまうのです。




ミイラよりもっと新しい最新の死体保存技術といえばエンバーミングです。ネットで死体愛好家の或る1日という小説を見つけましたが、この小説のように、半永久的に変質しない完璧なエンバーミングを施した美少女の死体に囲まれて生活するのはロマンですよね。レーニンや毛沢東の死体はエンバーミングされて保存されていますが、その技術と予算で可愛い女の子をエンバーミングしたいですね。

美しい女性のエンバーミングされた死体と言えばマリリン・モンロー(1926‐1962、享年36)やエバ・ペロン(1919‐1952、享年33)が著名ですね。

Eva_Perón
エバ・ペロン

女性というか女の子ですが、ロザリア・ロンバルド(1918‐1920、享年2)は奇跡の死体として有名です。

Palermo_Rosalia_Lombardo.jpg
ロザリア・ロンバルド

しかしエンバーミングとて限界があり、さきほどの小説のような、奇跡のようなエンバーミング技術というのは現実には不可能なのです。




一つの保存法として、骨格だけにしてしまうというのがあります。骨から肉を削いでから、炭酸ナトリウム水溶液で大鍋で沸騰させずに弱火で煮て、筋肉等の組織を取り除くのです。水に加える炭酸ナトリウムは1%程度が適切でしょう。炭酸水素ナトリウム(重曹)でも可能です。元の姿からはかけ離れてしまい、もともと可愛い女の子だったことも分からなくなってしまいますが、腐る心配もなく、ベッドに置いて一緒に寝ることもできます。

処理する前に髪を切って鬘にし、遺品の髪飾りをつけて、完成した骨格標本にかぶせたら可愛いかもしれません。うん、なかなかいいですね。
2014.06.2819:15

ヘロドトス『歴史』

こんにちは。nexaです。

ヘロドトス(前485ごろ‐前420ごろ)の『歴史』は世界最古の歴史書とも言われ、これによりヘロドトスは「歴史の父」と呼ばれています。また、世界で初めて屍姦に言及した書物でもあります。

今日はこのヘロドトスをご紹介します。

Herodotos.jpg
ヘロドトスの胸像

『歴史』の第2巻はエジプトの習俗や歴史について書かれています。そして2巻の85節から90節に、ミイラの製法を含めた葬送の方法が書かれているのです。


ヘロドトス『歴史』とミイラ

前回、江戸川乱歩の『蟲』を紹介しました。

この中で主人公の柾木愛造が、腐爛し膨張した木下芙蓉の死体を前にいらだちながら、なんとかしようと『木乃伊』という書物を読むシーンがあります。そこにはこう書かれています。

「最も高価なる木乃伊の製法左の如し。先づ左側の肋骨の下を深く切断し、その傷口より内臓を悉く引き出だし、ただ心臓と腎臓とを残す。また、曲れる鉄の道具を鼻口より挿入して、脳髄を残りなく取り出し、かくして空虚となれる頭蓋と胴体を、棕櫚酒にて洗浄、頭蓋には鼻孔より没薬等の薬剤を注入し、腹腔には乾葡萄その他の物を填充し、傷口を縫合す。かくして、身体を七十日間曹達水に浸したる後、これを取り出し、護謨にて接合せる麻布を以て綿密に包巻するなり」



かなり本格的なミイラの作り方です。私はこれを読んで、ヘロドトスの『歴史』の中に出てくるミイラの製法によく似ていると思いました。『歴史』の2巻86節には次のように書かれています(松平千秋訳、岩波文庫版)。

・・・その最も精巧な細工は次のようにして行われる。
 先ず曲った刃物を用いて鼻孔から脳髄を摘出するのであるが、摘出には刃物を用いるだけでなく薬品も注入する。それから鋭利なエチオピア石で脇腹に添って切開して、臓腑を全部とり出し、とり出した臓腑は椰子油で洗い清め、その後さらに香料をすりつぶしたもので清めるのである。つづいてすりつぶした純粋な没薬と肉桂および香乳以外の香料を腹腔に詰め、縫い合わす。そうしてからこれを天然のソーダに漬けて七十日間置くのである。それ以上の期間は漬けておいてはならない。七十日が過ぎると、遺体を洗い、上質の麻布を裁って作った繃帯で全身をまき、その上からエジプト人が普通膠の代用にしているゴムを塗りつける、それから近親の者がミイラを受け取り、人型の木箱を作ってミイラをそれに収め、箱を封じてから葬室内の壁側に真直ぐに立てて安置するのである。



 もっとも、ヘロドトスの『歴史』には松平氏のほかに青木巌氏の訳がありますが、いずれも最初に世に出たのは戦後、昭和40年代ですから、昭和4年の『蟲』がこれを参考にできるはずがありません。実は『歴史』にはさらに古く、坂本健一氏による明治39年の訳があります。そこでは次のように訳されており(157ページ)、松平訳(青木訳もほぼ同様)よりも『蟲』の『木乃伊』から遠ざかっている感があります。

最高價なるは、先づ鐵鈎を以て鼻孔より腦を牽出し、その殘れる部分は藥力に由りて除き去り、次に鋭利なるエチオピア石を以て屍側を割き、悉く臓腑を去り、腹中を浄め、椰子酒を以て之を洗浄し、香粉を散じ、ミルラの純末、カシア其他の香料を以て腹腔に滿てゝのち、側口を縫ひ、屍をナトリウム中にひたすと約七十日にして取り出して善く外面を洗ひ、護謨を抹りし麻布を以て裹み畢る。遺族の來りて屍形に合する木棺を造りて、屍を納め棺函を緊縛して靈室の壁にたてかけて保存す。これ最高價なる法式なり。



松平訳(青木訳も)で「ソーダ」、『蟲』で「曹達」となっている部分が「ナトリウム」になっています。実はこの部分、原文では "λίτρον" となっており、これが何を指すのか、実はよくわからないのです。

おそらく江戸川乱歩はこれら日本語訳からではなく他の言語の訳で『歴史』を読み、作品中に取り入れたのでしょう。


ヘロドトス『歴史』と屍姦

ところで、ヘロドトス『歴史』は、屍姦の話が出てくる人類最古の文献として知られています。2巻89節には次のように書かれています(松平千秋訳、岩波文庫版)

名士の夫人が死亡した時は、すぐにはミイラ調製には出さない。特に美貌の女性や著名な婦人の場合も同様である。死後四日目または五日目にようやくミイラ職人の手に渡すのである。このようなことをするのは、ミイラ職人がこれらの女性を犯すのを防ぐためで、現にある職人が死亡したばかりの女性の遺体を犯している現場を、同業者の密告によっておさえられたという話がある。



坂本訳では格調高くこのように訳されています(158ページ)。屍姦が古代エジプトで実際に屍姦があったという部分がなくなっていますね。



然れども門地ある者の夫人、美姫若しくは名ある婦女は死して三四日を經ざれば木乃伊製造者に委ねず。遺骸を辱しめんを恐るればなり。



原文は次の通りです(Ιστορίαι (Ηροδότου)/Ευτέρπη - Βικιθήκη)。

τὰς δὲ γυναῖκας τῶν ἐπιφανέων ἀνδρῶν, ἐπεὰν τελευτήσωσι, οὐ παραυτίκα διδοῦσι ταριχεύειν, οὐδὲ ὅσαι ἂν ἔωσι εὐειδέες κάρτα καὶ λόγου πλεῦνος γυναῖκες· ἀλλ᾽ ἐπεὰν τριταῖαι ἢ τεταρταῖαι γένωνται, οὕτω παραδιδοῦσι τοῖσι ταριχεύουσι.
τοῦτο δὲ ποιεῦσι οὕτω τοῦδε εἵνεκεν, ἵνα μή σφι οἱ ταριχευταὶ μίσγωνται τῇσι γυναιξί· λαμφθῆναι γὰρ τινὰ φασὶ μισγόμενον νεκρῷ προσφάτῳ γυναικός, κατειπεῖν δὲ τὸν ὁμότεχνον.



POxy_v0017_n2099_a_01_hires.jpg
ヘロドトス『歴史』の古断簡

屍姦には古代エジプトの悠久の歴史があることがわかりますね。

それにしても、屍姦現場を見つかってしまったミイラ職人はうっかり者でしたね。彼が捕まるまで、多くのミイラ職人たちは気兼ねなく屍姦を楽しんでいたことでしょう。それを密告した同業者はひどいですね。その一件がなければ、ミイラ職人に屍姦されることを遺族が警戒することもなく、ミイラ職人たちは屍姦を楽しめたはずなのです。

古代エジプトも屍姦に対する風当たりは冷たかったようですね。
2014.06.2801:43

江戸川乱歩『蟲』

こんにちは。先日『蟲』を読んだnexaです。

『蟲』は江戸川乱歩が昭和4年(6、7月)に雑誌『改造』に発表した小説です――


主人公柾木愛造は厭人病(今でいう対人恐怖症)の27の男。
親の遺産で屋敷を借りて、その土蔵に閉じこもっている。

あるとき彼は唯一の友人池内光太郎の紹介で、女優木下芙蓉と「再会」する。
小学校時代、柾木愛造は木下芙蓉に熱烈な慕情を抱いていたのだ。
柾木愛造の木下芙蓉への慕情は再燃。

柾木愛造は自動車を雇って木下芙蓉を送る。その車内で木下芙蓉の手を握るが、木下芙蓉はそれを嘲笑う。
柾木愛造の木下芙蓉への慕情は、憎しみに変わる。
柾木愛造は木下芙蓉と池内光太郎の逢い引きの現場を突き止め、それから二人の逢い引きを毎回覗き見るようになる。

柾木愛造は自動車の運転を覚え、タクシーになりすまして木下芙蓉を乗せ、殺害して土蔵に死体を連れ込む。

「文子さん(木下芙蓉の本名)、あなたはとうとう僕のものになりましたね」
柾木愛造は木下芙蓉の美しい死体と幸せな時間を過ごす。
こんな幸せな時間が永遠に続けばいいのに――
――そこで柾木愛造は恐ろしいことに気づく。
死体はいずれ、極微有機物――蟲――の働きにより腐る。

柾木愛造は焦る。
注射器と防腐剤を買い、注射しようとするもののうまくいかない。
死体には死斑が現れ、硬直し、姿を変えてゆく。
化粧を施すと死体は美しい姿を取り戻すが、それも一時しのぎ。
死体はついにある朝、醜く膨らみあがる。

数日後、土蔵の中から二つの死体が発見された。
柾木愛造は、木下芙蓉のはらわたに顔をうつぶせにし、彼女の腐乱した脇腹に指先を突っ込んで死んでいた。


――こんな物語で、一般には気持ち悪い恐ろしい小説として読まれるようです。乱歩自身も「それ(目に見えない極微の虫)が死体を、スロー・アンド・ステディに腐蝕して行く恐怖が、この小説の中心題目であった」と言っています。
しかし、私の読後感は極めて爽快そのものでした。
だって、苦しい愛の果てに本の束の間、愛しい人の死体と幸せな時間を過ごせるだなんて、とてもロマンチックじゃあありませんか!
その腐っていく悲しみは恐怖ではなく同情を誘います。
私たちネクロフィリアは誰でも、愛する死者と一緒にいるとき、いつまでも一緒にいたいと思うものです。しかし、死体というのは腐ってゆくものなのです。
2014.06.1400:06

【創作】さしもぐさTAXONOMIC

こんにちは、nexaです。先日、「はじめての屍姦」というタイトルで先輩男子と後輩女子の話を書いたところ、「後輩男子が先輩女子をころすやつはないのかしら」という感想をいただきました。そこで今日は後輩男子が先輩女子を殺す話を書いてみました。

さしもぐさTAXONOMIC

 卒業式の日。
 少女より二回りくらい小さい詰め襟の少年。
 セーラー服の長身の少女。
「先輩!留年してくれるんじゃなかったんですか!?僕のために!僕ともう一年一緒にいるために!」
「いつ誰がそんなこと言ったんだ・・・」
「言ったじゃないですか!昨日の夢の中で!」
「お前の夢なんか知るか!!」
「留年してくださいよ・・・。僕、先輩がいなきゃ・・・ぐすん・・・」
「泣くなよ・・・」
「じゃあ結婚してください!」
「無理」
「そんなぁ・・・。付き合うだけでもいいです」
「それも無理」
「死んでやる!」
 少年、ハサミを逆手に持ち、自分の喉元に当てる。
「おい待てバカ早まるな!わかった、わかったよ!!それ以外なら一つだけ、なんでも言うこと聞いてやるから」
「なんでも!?ほんとですか!?」
「あ、ああ・・・(まあせいぜいキスさせろとかおっぱい揉ませろとか、最悪セックスさせろくらいなもんだろ・・・)」
「じゃ、じゃあ僕に殺されてください!!」
「・・・は?」
 ドスッ。
 少年のハサミが少女の脇腹に突き刺さる。
「かはッ!」
 少女はその場にしゃがみ込む。
「てめえ・・・なに・・・すんだ・・・」
「だ、だって、なんでも言うこと聞いてくれるんじゃなかったんですか!?」
「だからって殺されろはねえだろ!」
「だって先輩が卒業して他の男のものになるくらいならいっそこの手で殺したくて・・・」
「この野郎・・・いてて・・・」
「ご、ごめんなさい、痛いですよね・・・僕、女の子殺したことなくてどうしたらいいのかわからなくて・・・」
「痛い・・・痛い・・・誰か助けて・・・救急車・・・救急車呼んで・・・!」
「ご、ごめんなさい先輩!ちょっとだけ我慢してください!痛くないようにすぐにとどめを刺しますから!」
「お、おい、待て、冗談だろ・・・!?やめてくれ!今ならまだやり直せr」
 ドスッドスッドスッドスッドスッ。
「あーあ、先輩死んじゃった。大好きな先輩・・・僕の先輩・・・脚、綺麗だな・・・先輩・・・好きです・・・え?先輩も僕のこと好きですか?そっかあ♥生きている間は素直になれなかったけど、死んでやっと素直になれたんですね♥相思相愛ですね♥嬉しいなあ♥あっ、相思相愛ってことは、やっぱりキスとかするものですよね?せんぱいっ!んっ・・・。ぷはっ。きゃー♥僕の初キス、先輩の死体にあげちゃった♥♥」
BqBYR-aCAAA-7et.jpg(Illustration:すみさん
「あ、僕のアソコ、先輩とキスして興奮してこんなにギンギンなっちゃいましたよ。は、恥ずかしいっ・・・!今まで何百回も先輩をオカズにオナニーしましたけど、こんなに大きく硬くなったの初めてですよ・・・責任とってくださいよね!え?せ、先輩も僕に入れてほしいんですか?嬉しいなあ♥♥はぁッ、はぁッ・・・先輩のアソコ・・・♥い、入れますよ!んっ!ああっ!気持ちいい!僕の童貞、先輩の死体にあげちゃった♥♥♥♥ああ、死んでる先輩のおっぱい柔らかい♥♥♥先輩のアソコが僕のアソコに絡み付いて・・・気持ち良すぎです♥♥♥僕をこんなに気持ちよくしてくれるなんて♥♥♥やっぱりなんだかんだいって先輩も僕のことが好きだったんですね♥♥♥♥あっ、気持ちいい!イク!イク!先輩!先輩!中に出しますよ!先輩の死体オマンコに僕のおたまじゃくしさんいっぱい泳がせちゃいます~~っ!!ああああああーっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥」
 ビクンビクン。ドピュッドピュッ。
「ふぅ・・・。大好きですよ、先輩♥これで永遠に僕のものです♥」

(完)
2014.06.0920:48

【創作】はじめての屍姦

こんにちは。甘酸っぱい青春の日々に屍姦を経験しておきたいものですね、nexaです。今日はそんな創作です。

はじめての屍姦

「好きだ!」
 裏山に呼び出して、僕は一年後輩の真侑子に告白した。
「わ、私も先輩のことがずっと好きでした!」
「やった!じゃあ死んで!」
 僕はナイフを取り出した。
「えぇっ!?せ、先輩ネクロフィリアなんですか!?」
「そうだよ!当たり前じゃん!男はみんな死んでる女の子が好きなものだよ!ねえ、殺させてよ!」
「うぅっ・・・わ、わかりました・・・先輩だったら・・・殺してください!」
「や、やった!殺すね!」
 真侑子は目をぎゅっとつぶる。
「・・・ど、どうしたんですか?殺さないんですか?」
「いや、女の子を殺すの初めてだからどうしていいのかわからなくて・・・」
「もう、先輩ったら・・・。ここが頸動脈。ここを一突きするんですよ」
 真侑子は自分の首筋を指差した。
「うん。えいっ!」
 僕は真侑子の首筋に思いっきりナイフを刺し込んだ。
「ひぁっ!」
 真侑子が小さな声を上げると同時に、首筋から大量の血が噴き出てあたりを真っ赤に染め上げた。真侑子の体はすぐに力を失ってその場に倒れこみ、「あ・・・あ・・・」と弱々しい声を上げながらビクンビクンと痙攣して、動かなくなった。
 その様子があまりに可愛くて、僕はギンギンに勃起してしまった。こんなに勃起したのは初めてだ。
 真侑子の服をナイフで切り裂き、裸にする。ほのかに膨らんだ胸、ピンク色の乳首、数本しか生えていない毛の下にぴっちりと閉じた割れ目・・・。
 割れ目を左右に開く。赤い肉の裂け目。僕はたまらずペニスを挿入した。体重をかけて深く挿しこむごとに、首からぴゅうぴゅうと血が噴き出る。
 血にまみれながらのキス。口で口の柔らかさを感じ、両手で胸の柔らかさを感じ、ペニスで膣の柔らかさを感じる。
「はぁっ、はぁっ・・・」
 全身で真侑子の死体を感じる。
「うっ、イクっ!」
 僕は睾丸の中身をすべて出し切る勢いで、真侑子の永遠に妊娠することのない子宮に精子を注ぎ込んだ。
 僕は真侑子の死体に木の葉を乗せて隠し、帰ろうとした。けれども5分くらい歩いたところで、真侑子をこのまま置いておきたくないと思った。誰かほかの人に見つかるかもしれないし、野生動物の餌になってしまうかもしれない。けれど、死体を持って帰ることはできない。
 せめて頭だけでも持って帰りたいと思って、引き返した。木の葉をどかして、ナイフで首を切り落とそうとする。ところが、硬い。やっとのことで筋肉を切り裂くが、腱と骨に歯が立たない。何度も思い切り振りおろし、血まみれになりながらやっとのことで首を外した。
 切り落とした首を鞄に詰め、川へ行って血を洗い流し、山を下りた。
 ・・・翌朝の新聞に「女子中学生の首なし死体見つかる」という記事が出ていた。真侑子の死体は回収されてしまったようだ。
 首を持ち帰ってきてよかった!僕は真侑子の頭を撫でながらそう思った。
プロフィール

necrolife

Author:necrolife
@necro_lifeの中の人が死体愛を語るブログです。

ツイッターではファンタジーなフィクションで死体愛を語っていますが、ブログでは中の人のちょっぴりリアルな素顔も見せちゃいます。幻想を壊されたくない方はご注意を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR